GUSTO RCR Team DURO Sports 2020年モデル

2020年モデルからお取り扱いを開始したGUSTO(グスト)、お問合せご注文多数いただいております!ありがとうございます。

GUSTO RCR Team DURO Evo 2020年モデル

GUSTO RCR Team Edition Legend 2020年モデル

こちらに引き続き続々入荷しております。

 

 

グスト最高のエンデューロ

日本の高級炭素繊維である東レカーボンT-800をベースにBB周りにT-1000を使用。

世界最軽量素材の一つと言われる「INNEGRA」との組み合わせによりフレーム剛性と衝撃吸収が改善されている。

フレーム設計ではARCUS DAMPING DESIGN(特殊アーチ型衝撃吸収設計)によるフレーム構造によりシートクッションの安定性と快適性を最大限に引き出す。

DUROモデルに使用されるARCUS DAMPING DESIGNとINNEGRAの組み合わせは路面抵抗を効率よく吸収し、乗手のストレスを軽減させる。GUSTO最高のエンデューロモデル「DURO」

GUSTOエントリーモデル

エントリーモデルと言っていいのだろうか?

フレームは2019年Ljubljana・Gusto・Santicが使用する同じフレームだ。

コンポーネント及びホイール以外はフラッグシップモデルと同じ仕様。

このモデルは価格こそエントリー設定であるが決してエントリーではない。

 

コンポーネント:シマノ105(R-7000)

ホイール :カンパニョーロ カリマ

 

 

 

 

GUSTO(グスト)は、Attaque(アタッキー)が作るカーボンロードバイクです。
Attaqueは元々カーボン製のパソコンや携帯電話などのボディーやパーツを生産する会社が、2006年に立ち上げたカーボンメーカーです。
そして、その技術力と生産力を活用して、多くのバイクブランドに自転車フレームをOEM供給=「相手先ブランド名製造」してきました。

有名ブランドの多くは、自らの工場を持たずにOEM生産を依頼しています。
また、そのほとんどは台湾系企業の中国工場で生産されています。カーボンフレームやカーボンチューブを自家生産しているのは、ほんのわずかなブランドに限られます。

ATTAQUEはGUSTOというカーボンバイクブランドを通じて、優れた商品を手頃な価格でユーザーに供給するという使命でスタートしました。

自らコンチネンタルチームを持ち、そのメンバー構成もワールドワイドで、2015年はアジア各地で好成績を残しました。2016年にはチームの拠点を台湾からスロベニアに移しました。2017年に開催されたツールド・とちぎでは総合優勝・スプリント賞・山岳賞の3タイトルを獲得するなど、日本国内のレースでも活躍しております。

2018年 スロベニア政府がメインスポンサーとなって新生チームLGX(Ljubljana Gusto Xaurum)が誕生
2019年 一部スポンサーが変わりLGS(Ljubljana Gusto  Santic)として活躍していきます。

Gustoはこうしてレースで培った経験がフィードバックされ製品に生かされております。(サイトより抜粋)

 

 

(2019-10-4)

このメーカーのバイク一覧

その他のメーカーのバイク一覧へ

お気軽にお問い合わせください。 スポーツサイクル(ロード・マウンテン・クロスバイク)のお選びにお困りの方、メーカー・モデル・素材・サイズ等、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お客さまのご要望を詳しくお伺いし、経験豊富な実績をもとに最適なアドバイスを心がけております。

お電話でのお問い合わせ

0827-57-7265 AM9:00~PM7:00 (定休日:毎週水・木曜日)

メールフォームからのお問い合わせ

こちらの「お問い合わせページ」からお問い合わせをお願いいたします。
商品・ショップに関する「お問い合わせ」はこちらから

ショップへご来店いただける方

ご来店の際はアクセスマップをご覧いただき、お気をつけてご来店いただきますようお願いいたします。
ご来店いただける方はこちらから(アクセスマップ)